BLOG

  • IMAG3577

  • 2014年4月11日

  • 新人6名参戦&Pマーク取得で新年度幕開け!

 

ややややー。大変です。

新年度に入って、すでに10日が過ぎてしまいました。

新年度というのは、なぜこんなにも時間の流れが早いのでしょうか。

人事異動、入学式、入社式。

日本の4月はどうして、行事てんこ盛りなのでしょうか。

 

ちょっと調べたところ、こんな記事を見つけました。

『年度始めはなぜ4月?』

 

日本で4月に「門出」の行事を多く行うようになったのは、明治時代の頃だとか。

その理由は、一部抜粋しますと、以下の通り。

 

「芽吹きの春が始まりというのも、当時の日本人の感覚に合うものだった。

4月は桜の季節であり、人生の門出として相応しい時期と受け止められ、定着した」

 

こう書かれています。

そうですね。

でも、新年度の行事で忙しい人たちにとっては、

正直、桜どころではないですよね。

バイトAは、オボカタさんクラスではありませんが、

この新年度は何かとバタついていたため、

花見はできずに終わってしまいました。

 

さて。さてさて。

シンクトワイスも、依然、てんこ盛りです。

 

まずは何といっても、

4月1日に5名(男2女3)の新入社員が入社しました!

実際は、入社式で前に並んだのは、6名なのですけどね。

 

5名の彼らより先に、実は3月1日に、

テレアポ戦隊の一員だった我が後輩が、

営業部隊に引き抜かれ正社員に昇格したのです。

なので、6名の正社員が一気に誕生! なわけです。

 

IMAG3575

 

この6名は、1年前と2年前に、

一期生の「町娘」と二期生の「サムライ&町火消し」が体験したのと同様に、

先日、好例の新入社員研修にも足を運びました。

例のアレです。

ノドがちぎれそうになるほどの大声で挨拶を続けたり、

41キロの道のりを8時間以内にゴールしなければならず、

町娘サムライ町火消しは、結果的に、

号泣したり脱水症状に陥ったというドラマティックな研修です。

 

今回、6名がどういう体験を味わったのか、

バイトAはまだ詳細を聞いていないのですが、

さぞ濃密だったのでしょう。

研修後に出社した6名の表情からは、

浮ついた雰囲気が消えていました。

 

入社式当日は、「頑張ります!」とキャピキャピした空気を放っていたのですが、

一転して、ビシッと引き締まっていたのです。

 

キャー! 怖いー! 置いてかないでー!

 

 

この4月には、彼ら6名に加え、

学生面談を行うカウンセラー、営業事務も新たに入社しました。

シンクトワイス、どんどん膨らんでおります。

それに伴い、オフィスもリノベーションを行い、

ふたつの部屋の間の壁を壊して、

縦に広ーい1部屋と相成りました(写真上)。

 

さらさらに、すでにお気づきのかたもいらっしゃるでしょう。

このホームページのトップ右下をご覧いただきますと、

さりげなく「P」のマークがございます。

 

シンクトワイス、このたび、より誠実な企業を目指すべく、

プライバシーマークを取得いたしました!

パチパチパチー!

管理部長の「牡丹」が、取得に向けて必死に作業している姿を見るたびに、

メンバーは応援するしか術がなく。

バイトAにいたっては、

Pマークを獲得するのがどれだけ大変なことなのか、

今もイマイチわかっておりませんが……。

とにかくシンクトワイスは、胸を張ってPマークを携える企業になったのです!

 

新連載『社長対談』も始まりましたし、

ああ、どこまで行くのだシンクトワイス。

今年度も引き続き、パワーアップでレッツゴー! であります。

 

新卒紹介は、シンクトワイス!