BLOG

  • IMAG3979

  • 2014年9月16日

  • レジリエンスの高い、人材紹介会社を目指します。

 

シンクトワイスが、今まで

7回ほどテレビや新聞で取材をお受けしたことがあるのは、

ご存知でしょうか。

ご存知のかた、ありがとうございます!

アンテナ高いです!

 

今年6月、安倍内閣は「女性が輝く社会作りを目指す」戦略を

発表しましたね。ちょうどこの時期にも、

シンクトワイスは「女性が働きやすい職場」として、

番組や新聞記事で紹介いただきました。

 

シンクトワイスは創業わずか5年のベンチャー企業です。

なので、キャリアの浅い企業らしく、若いメンバーしかいないのではと、

お思いのかたもいらっしゃるかも。

しかし、そんなことはございません。

 

シンクトワイスには、主婦業をしながらパートタイムで勤務したり、

ウェブやパンフレットなどの制作の仕事に非常勤で携わるメンバーが複数存在します。

バイトAも女性なのですけどね、

女性は、若いときはがむしゃらに仕事に専念できたりしますが、

出産や育児、そして親の介護などをきっかけに、

仕事への取り組み方を変えなければいけないケースが出てきます。

 

そういう背景をもちながら、

自分に合ったペースで仕事をしたいと考える女性は大勢いるのです。

若い頃は、目の前の仕事に夢中なあまり、

これからもずっと今の状態が続くような、そんな考えを抱きがち。

バイトAも、そうだったなー。

将来、自分が自由に仕事できなくなる絵なんて、まったく想像していませんでした。

 

IMAG3979

 

そういったときに、同じ職場に、

いろいろな形態で働いている女性がいたり、

人材や営業以外の世界でキャリアを積んできた

さまざまな年齢層のメンバーがいると、多種多様な体験談を聞き合える。

そういう面白さがあります。

 

多くの人の仕事っぷりを見て、アドバイスをもらえると、

自分自身がいかに凝り固まった考え方をしていたのかが、

わかるようになる。

そして、視野が広がることで前向きになって、

最近巷で話題の「レジリエンス」を高められたりするのです。

 

レジリエンスという言葉を、バイトAは最近知ったのですけどね、

わかりやすく説明すると「折れない心」のことらしく。

自分にとって非常に不利な状況に陥っても、

ふだん通りの状態を保っていられる能力を指すのだとか。

 

職場の誰かのレジリエンスが高まれば、

それは徐々に周囲に伝播していくはず。

そして、シンクトワイス全体のレジリエンスが高くなれば、

人材紹介会社として、面談する学生や、紹介先の企業の人事のかたにも、

そのパワーは伝わっていくはず。

生意気ながら、シンクトワイスはそんな集合体を目指しているように思います。

 

あと半年も経てば、新たな新入社員が入ってきます。

早いですねー!

新しいメンバーが加わるたびに、

会社というのは縦横無尽に変化していくのでしょう。

皆様、引き続き目を離されませんよう!

 

新卒紹介は、シンクトワイス!

 

(※写真は、シンクトワイスが誇る優秀女性陣。管理部、カウンセラー、制作部、

テレアポ業務など、さまざまな職種で活躍中です。ビシッ!)