BLOG

  • 町娘と二人三脚で内定を獲得したIくん!

  • 2013年11月28日

  • 【2014年度 内定者直撃インタビュー④アパレル系商社に内定・男子Iくん】 担当のかたがいてくれたから、孤独に陥らずに済みました!

 

★【今回の内定者】

Iくん(獨協大学)

内定先…安定経営を誇るアパレル系商社

今回、14年度内定者インタビューに登場してくれるのは、

弊社の一期生、通称「町娘」が担当したIくん。

町娘と二人三脚で、見事、

「自分にとても合っている!」というアパレル系商社に内定を決めました!

 

====================================================

会話を楽しめる企業に内定

感謝しています!

 

バイトA:Iくんは、最初は、就職サイトに掲載されている企業に自分でエントリーをして、

その企業の説明会を聞きに、シンクトワイスを訪れたのですよね。

 

Iくん「そうです。説明会の会場がシンクトワイスさんでした。

最初は、紹介会社というものがあることすら知らなかったので、申し訳ないのですが……、

大丈夫かな、怪しくないかな? と思いました(笑)。でも、そのあと、

自分に向いているような企業を紹介して下さるようになって、どんどん視野が広がりました」

 

バイトA:紹介会社に足を運んで、よかったことを教えて下さい。

 

Iくん「ひとりでナビにエントリーしていたときは、

話す相手がいなくて孤独に陥りがちでした。

友達も、みんなシューカツで忙しいですし必死なので、よく考えると、

そういう事態になるのは当然なのですけどね。

でも、シンクトワイスさんにお世話になるようになってから、

頻繁に電話を下さって、具体的なアドバイスをいただいたり、

日常会話のおしゃべりも付き合っていただいたりして、その時間がとても息抜きになりました」

 

バイトA:シンクトワイスとのやりとりのなかで、一番印象的だったことは何ですか?

 

Iくん「最終的に内定をいただいたのが、とてもアットホームな雰囲気の企業で、

最終面接がまったく堅苦しくない会社だったのです。僕自身、

コミュニケーション能力には自信があったので、こういう、

会話を楽しめる企業を紹介していただけてとても嬉しかったです。

無事に入社を果たしたら、シンクトワイスさんに報告に伺いたいです。

心からそう思うほど、感謝しています!」

 

 

町娘と二人三脚で内定を獲得したIくん!

 

 

Iくん(獨協大学)

内定先…安定経営を誇るアパレル系商社

●「就職活動を通して、たくさんのかたにお会いすることができました。

いろいろな考え方に触れて、シューカツをして本当によかったなと思っています」

 

====================================================

 

Iくんは、内定を獲得した数日後、担当の「町娘」に1通のメールをくれました。

「選考後に○○さん(町娘の本名)がくださる電話は、

正直楽しかったです。あれで力をもらえた気がします。

本当に感謝しているので○○さんのことは一生忘れません」

 

本当に!? 忘れないでね!

 

シンクトワイスは、よりよい採用を目指す企業様と、学生くんを、

全力でバックアップさせていただきます!

 

新卒紹介は、シンクトワイス!