BLOG

  • 新しく造り替えられた、伊勢神宮内宮の正殿を下から臨む!

  • 2013年11月21日

  • 伊勢神宮の式年遷宮に学ぶ、「同じ」を作る奥深さ。

 

私ごとではございますが、皆様!

バイトAは先日、伊勢神宮に行ってまいりました!

ワーイ!

 

20年に一度の遷宮の儀が執り行われた1ヶ月後、

新しいお宮を拝見してきました。

(※上の写真は、内宮の正殿を、階段の下から撮影したもの。

撮影は、これより上に上って行うことは禁止されていて、

新しいお宮は、鳥居の向こう側にございます)

 

建築に関してド素人のバイトAが見ても、

外宮と内宮の新しく造り替えられたお宮は美しく、

凛としていて、

1300年前から受け継がれている様式でありながら、

なぜか「洗練されているなあ」

という感想を抱きました。

 

建築家のブルーノ・タウトは、

伊勢神宮を見た感想として、

 

「最大の単純のなかに最大の芸術がある」

 

という言葉を残しているそうです。

 

ふむ。

難しいことはよくわからんけど、

そうかもしれん。

 

 

遷宮が、なぜ20年ごとに催されるかについては、

「人生のひとつの区切り」

「技術継承にも合理的な年数」

「20年ごとに造り替えることで永遠を目指す」

など、諸説あるようですが、

 

原初のスタイルをいつまでも継承して、

どの時代にも存在させるということは、

そのたびに、

先達が後人に技術を伝え、同時に心意気も伝えていくこと。

 

そうすると、その行いのなかでは、

濃密なコミュニケーションも生まれるに違いありません。

 

現代の日本は、

技術の発達に伴って、

古いものはどんどん壊し、新しいものをどんどん作る傾向にあるけれど、

同じものを同じ方法で作り変えることのほうが、

断然奥深いなあと、思いました。

 

 

新しく造り替えられた、伊勢神宮内宮の正殿を下から臨む!

 

 

それは、どの世界にいても同じこと。

 

「テレアポ」も営業も、事務職も採用担当も

システムエンジニアもデザイナーも、そうではないでしょうか。

 

20年前にひとつのプロジェクトに携わった先輩から、アドバイスをいただき、

同じプロジェクトに対して同じ方式で自分自身も臨む。

そうすると、仕上がりは同じようでいて、同じでないはず。

 

この差は何なのか?

先輩の技に近づくには、どうすればいいのか?

 

それを考えて行動していくことが、

ググンと成長につながるはずです。

 

バイトAが「テレアポ」の仕事に着手したのは、

わずか2年前のこと。

20年ごとに後輩に技術を伝承するのだとしたら、

2年なんて恥ずかしいぐらいの新米ペーペー。

 

つまりは、20年ほど続けていなければ、

次世代に自身の仕事について伝える資格なんて、ないのかもしれません。

 

バイトAにとっての「遷宮」ならぬ「遷テレアポ」の時期は、18年後。

その頃、ワタシャ、

もう定年退職の時期です。

 

ばあちゃんになっても、テレフォンアポインター。

それはそれで、カッコイイかもしれない。

 

であるからして、

本日もひたむきに、技磨きに精進いたします!

 

新卒紹介は、シンクトワイス!