BLOG

  • IMAG3883

  • 2014年7月31日

  • 早乙女檸檬の試練に耐えて、「テレアポ」達成!

 

突然ですが、皆様は、

『早乙女檸檬の挑戦状』という名のレモンソフトキャンディをご存じでしょうか。

株式会社リボンさんが販売するキャンディのうち、

ひときわ異彩を放つこちらの商品は、

クエン酸3800mg配合(1袋あたり)。

 

ハイチュウのような触感で、噛めば噛むほど、

この世のものと思えない酸味が口いっぱいに広がる逸品です。

味が強烈ならばパッケージもパンチが効いていて、

さらにはキャンディの個包装も抜かりなく。

 

ひとつひとつの袋に

「仏恥義理(ぶっちぎり)のすっぱさだぜ!」

「すっぱい顔してん邪寝~世(じゃね~よ)!」

はたまた、

「学ランの中にも黄色いTシャツを着るぜ!」

などと、もうワケがわからない境地のセリフまで記載されています。

 

これは、

今のシンクトワイスに、

必要だ。

 

そう思ったバイトAは、先日、

『早乙女檸檬』を携えて出社。

「テレアポ」の成績が芳しくないメンバーや、

覇気のない表情を浮かべている営業マンに配り歩きました。

メッセージは、

「この試練に耐えてみろ!」

 

つまり、この激すっぱキャンディを食べる試練に耐えれば、

ふだんは味わえない興奮を得ることができるため、

覚醒した状態で仕事に取り組めるのです。

これぐらいの異常なことをしないと、偉業は成し遂げられないぞ! という意味です。

 

で、結果はどうだったかというと、

キャンディーを口にしたメンバーは次々とアポイントを獲得。

コレ本当。ウソじゃないよ!

 

それぞれが自分自身の“限界”を超え、

今月は末日を迎える2日前に、早々と、

全員でチームの目標を達成することができました。

早乙女檸檬、ありがとう!

 

IMAG3884

 

シンクトワイスでは、実にさまざまな人が働いています。

職場では全員が自身の任務に神経を注いでいるため、

ひとたび出社するとみんなが当然

「シンクトワイスにいるときの顔」

になるのですが、

職場を離れると「三児の母」という人もいますし、

「オペラ歌手」もいれば「ズンバの名手」なんて人も。

もともとは「スカウティングの仕事をしていた」

「ベトナムの日本人学校で先生をやっていた」

という人もいます。

 

みんなが、それぞれに背景をもっている。

そのうえで、各自、自分自身への挑戦状を胸に抱いているのです。

先日、やむを得ない事情で退職していったメンバーは、

次のようなことを言っていました。

 

「シンクトワイスは、自分たちのやっている人材紹介業に誇りをもっているプロ集団だ」

と。

実際は、まだまだこれからなのでしょう。

仕事ですから、今後も酸っぱい試練は次々と起こるのでしょう。

けれど、その都度、

メンバーはそれぞれの“限界”を超えるはず。

このことは、確かなような気がします。

 

新卒紹介は、シンクトワイス!