新卒人材紹介や採用代行ならシンクトワイス|メンバー 池田
2013年入社 │ リクルーティングアドバイザー │ RAチーム リーダー
Q、いまの仕事内容を教えてください。
プレイヤーとしてRA・CAを兼任しつつ、チームのマネジメントもしています。
入社してからの4年間で良いご縁にも恵まれ、現在は既存クライアントを中心に業界・職種を問わず様々な企業様の採用を支援できるようになりました。
また最近では、新卒紹介のみではなく、自信をもって提案できる商材が増えたため、トータルで提案できるようになってきた点に、面白さを感じています。
Q、シンクトワイスに入社した経緯を教えてください。
実は少々変わった経歴で、新卒で東証一部の不動産営業会社に入社し、2年弱働いた後、家庭の事情で退職、その後は個人事業主として3年間営業代行の仕事をしていました。
出勤という概念がなく、自由な生活はそれなりに楽しかったものの、すべての仕事が個人プレーなので「チームマネジメント」や「法人相手に広い世界を見ること」や「組織の力で社会性の高い仕事をする」という経験がまったくできていない自分にコンプレックスを感じていました。
何か新しいことをしたいと思い人材会社に相談。紹介された中で一番惹かれて応募したのがシンクトワイスでした。
自分と同年代ながらレベルも社会性も高い仕事をしている営業社員を見て、「自分もこの会社のこの仕事を頑張れば、コンプレックスを正面から解消できるのではないか」と考え、入社を決意しました。
Q、どう変わりましたか?
思っていた通り、営業として様々な企業へ訪問する中で自然と広い世界を見ることができ知識の幅が大きく広がりました。
また入社から1年半でマネジメントと新規事業の責任者を経験できたおかげで個人事業主時代に感じていたコンプレックスはかなり早いタイミングで解消できました。
一方で、様々な経験をする中で芽生えた新しい興味や、プライベートでは昨年結婚もして子どももできたのを機に、「仕事に一途な人生」から「仕事も家庭も全力な人生」にしたいという新しい価値観もできました。
Q、今後、どのようにデザインしたいですか?
ワークライフバランスという言葉が世間で流行っていますが個人的には「もったいない言葉だな」と思っています。
バランスという言葉には「100をどう振り分けるか」という円グラフのようなニュアンスが内包されていて、「家庭をとるなら仕事を犠牲に、仕事をとるなら家庭を犠牲にしなければいけない」というようなトレードオフな印象を強く感じるためです。
自分はそうではなく、棒グラフのような考え方で「100:100」とか「500:500」とかどちらも全力で、公私問わずあらゆる事柄から成長機会を得て、それを糧に、バランスをとるのではなく、人生をインテグレーションしていくような生き方ができたら良いなと考えています。